転勤のため自宅のマンションを貸すことになりました

マンションを賃貸に出す際に予想以上に書類の手続きが大変

最後の転勤と言われていた札幌でマンションを購入東京への数年の転勤のためマンションを賃貸へマンションを賃貸に出す際に予想以上に書類の手続きが大変

その中で面倒だったのが、ローン関連で購入のため組んだ約款には特例を除き賃貸することを認めていませんでした。
ローンが払い終わるまで実質の持ち主は金融機関になるので認められないと書かれていることは理解できますが、投資目的で無いこのようなケースでも認められないのはおかしいと感じて金融機関へ直接交渉に行きました。
最終的には賃貸は出来ましたが、火災保険や団体生命保険などの手続きや契約書作成のための覚書など考えている以上に書類上の手続きが大変でした。
不動産会社と契約を結び、借りる方と覚書を締結するのにかなりの時間を取られ、それ以外でも役所への転出届けや子供の学校への転校手続きなどが有りました。
家電と家具は一部は廃棄しましたが、殆どは東京で借りたマンションに運びました。
札幌から東京への引越しは、荷物はトラック、人は飛行機で移動するので同時に出発出来ずに札幌のホテルで一泊してから翌日、東京に向かいました。
マンションを貸すのは簡単では無い事を実感しました。